太宰治の「走れメロス」を題材に実施いたしました。

ストーリーや設定をみんなでわいわい思い出しながら、小説を書き起こしていこうという企画でした。
細かい部分まで完璧に覚えているグループ、かなり曖昧なグループとそれぞれ別れましたが、途中で「今書き起こしている小説に必ず含まなければならないオリジナルのキーワード」を発表することで、全員が楽しみながら「新説走れメロス」を作り上げることができました。

この日出来上がったストーリーは後日、只本屋さんが製本してくださるとのこと。楽しみです!
とても盛り上がったのでまた別のタイトルで実施できればと思います。

今回企画及び主催してくださった只本屋さんありがとうございました!